さくらパンダの日(5月6日 記念日)

東宝映画『余命1ヶ月の花嫁』を製作した「April Bride」Projectが制定。

日付は映画のモデルとなった長島千恵さんの命日が2007年(平成19年)5月6日であることから。長島千恵さんが伝えたかった「乳がん検診の大切さ」と「生きることの素晴らしさ」を多くの人の心の中に残るようにとの願いが込められている。記念日の名称は、乳がんと闘う日々の中で、長島千恵さんを励まし続けたキャラクターの「さくらパンダ」にちなんで。記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

さくらパンダ

「さくらパンダ」は、松坂屋(現:大丸松坂屋百貨店)の公式キャラクターである。2007年3月、松坂屋上野店の50年ぶりとなるリニューアルオープンと共に誕生した。上野公園のサクラと上野動物園のパンダをモチーフにしたもので、口癖は「まつぅ」。プロフィールは以下の通り。出生地:東京・上野(森や自然のあふれるところ)、性別:ひみつ、趣味:旅、食、人とのコミュニケーションなど、性格:好奇心旺盛(でもちょっと気が弱い)、おっとり。

ノンフィクション映画である『余命1ヶ月の花嫁』は、2009年(平成21年)5月9日に公開された。主人公である長島千恵さんは24歳ながら2007年4月にすでに末期の乳がんに冒されていた。医師から宣告された余命は1ヶ月。彼女の最大の夢は「ウエディングドレスを着ること」であった。

リンクさくらパンダWikipedia

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「5月の記念日」「今日は何の日

関連記事