ほじょ犬の日(5月22日 記念日) | 今日は何の日 | 雑学ネタ帳

ほじょ犬の日(5月22日 記念日)

神奈川県横浜市港北区に本部を置き、人にも動物にも優しく楽しい社会を目指す社会福祉法人・日本介助犬協会が制定。

日付は2002年(平成14年)5月22日に「身体障害者補助犬法」が成立したことから。法律の更なる認知度向上を図ることが目的。この日には啓発のための記念イベントが開催されている。

介助犬

同協会は、一人でも多くの肢体不自由者が自立と社会参加を果たせるように、良質な介助犬の育成・訓練、高度な知識と技術を有する介助犬訓練者の養成などを行っており、愛知県長久手市に介助犬総合訓練センターがある。

ほじょ犬について

身体障害者補助犬とは、盲導犬・介助犬・聴導犬の3種のことで、身体に不自由がある人の日常生活における動作の補助をしてくれる。

盲導犬は、目の不自由な人の目となり、障害物や曲がり角の存在を知らせてくれる。介助犬は、手や足に不自由がある人の手足となり、物を取ってきたり、ドアを開けたりしてくれる。聴導犬は、耳が不自由な人の耳となり、玄関のブザーや電話の呼び出し音、目覚まし時計の音など、生活に必要な音を教えてくれる。

リンク:日本介助犬協会Wikipedia

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「5月の記念日」「今日は何の日

関連記事