紅緑忌(6月3日 記念日)

明治から昭和前期の小説家・俳人である佐藤紅緑(さとう こうろく)の1949年(昭和24年)の忌日。

佐藤紅緑

佐藤紅緑について

1874年(明治7年)7月6日、現在の青森県弘前市親方町に生まれる。本名は洽六(こうろく)。作詞家で詩人のサトウハチロー、小説家の佐藤愛子の父。

青森県尋常中学(現:弘前高校)を中退。1893年(明治26年)に上京して、陸羯南(くが かつなん)の書生を経て新聞記者となる。正岡子規の勧めで俳句を始める。

1906年(明治39年)の小説『行火(あんか)』その他で自然主義の作家として認められる。その後、『虎公(とらこう)』(1915年)や『富士に題す』(1930年)など、家庭小説の系統を引く、社会小説的な色彩の大衆小説を書く。

また、雑誌『少年倶楽部』に掲載された『あゝ玉杯に花うけて』(1927~28年)、『英雄行進曲』(1935年)などの少年少女向けの作品で人気を得る。同誌の部数を大きく伸ばし、黄金期を築く。

作風は総じて複雑な社会を正義感を貫いて乗切る行動性で貫かれ、社会小説の先駆者とも言われる。老衰のため東京都世田谷区上馬の自宅で死去。74歳。

その他の作品に『乳房』(1920年)、『少年讃歌』(1930年)、『一直線』(1931年)など、句集に『花紅柳緑』(1943年)などがある。

リンクWikipediaコトバンク弘前市

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「6月の記念日」「今日は何の日

関連記事