魚がし日本一・立喰い寿司の日(6月19日 記念日)

東京都千代田区有楽町に本社を置き、海産物を中心とした飲食店の経営・企画などを行う株式会社にっぱんが制定。

日付は日本初の立喰いスタイルチェーン店1号店の「魚がし日本一 新橋駅前店」が開店した1989年(平成元年)6月19日から。2019年(令和元年)に同社の立喰い寿司屋である「魚がし日本一」が創業30周年を迎えることを記念し、多くのお客様や関係者の方々に日頃の感謝の気持ちを表すことが目的。記念日は2018年(平成30年)に一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

立喰い寿司「魚がし日本一」

立喰い寿司「魚がし日本一」は、都心を中心に駅近の立地にあり、新鮮なネタを使った握りたての江戸前寿司をリーズナブルに提供している。いつでも、好きなネタを、好きなだけ食べられる。

立喰い寿司「魚がし日本一」

元祖立喰い寿司の店であり、200年前の「寿司屋台」への原点回帰でもある。カウンター越しに出される鮮度の良いネタと温かいシャリの握りが、多忙なビジネスマンの食をサポートしている。

立喰い寿司について

立喰い寿司の店の利点としては、販売側が客席を設けないことで、混雑時に顧客の回転率を低下させないことや、面積あたりの収益率を上げる効果などが挙げられる。食事を手早く済ませたいニーズが多い駅構内やオフィス街の一角などに立地される。

リンクにっぱんWikipedia

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「6月の記念日」「今日は何の日

関連記事