世界人口デー(7月11日 記念日)

1989年(平成元年)に国連人口基金(UNFPA)が制定。国際デーの一つ。英語表記は「World Population Day」。

1987年(昭和62年)のこの日、世界の人口が50億人を突破した。世界の人口問題について関心を深めてもらうことが目的。国連は、この日に当時のユーゴスラビアのザグレブで生まれた男の子を50億人目と認定し、デクエヤル事務総長がかけつけて祝福した。

国連によると20世紀に入った頃の世界の人口は約16億5000万人であったため、わずか90年弱で人口が3倍に増えたことになる。また、アメリカ商務省統計局の調査によると、1999年(平成11年)7月19日に60億人を突破した。そして、2100年には約91億人となる予想がある。

一方、日本は2010年(平成22年)に1億2806万人となっているが、既に人口の減少が始まっており、2100年には9000万人を下回るとの予想が立てられている。

リンク:国連人口基金(UNFPA)

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「7月の記念日」「今日は何の日

関連記事