職業教育の日(7月11日 記念日)

全国専修学校各種学校総連合会が制定。

1975年(昭和50年)のこの日、学校教育法の改正により専修学校の制度が定められた。職業教育の重要性について社会に広めるため、またその責任を担う専修学校・各種学校の更なる発展を願って記念日とした。

専修学校は、職業もしくは実際生活に必要な能力を育成するために教育を行う施設。各種学校は、教養・料理・裁縫などの分野を教育する施設で、一般的に「塾」と呼ばれる教育施設が多く含まれる。例えば、そろばん学校・予備校・日本語学校・自動車教習所などがある。

リンク:全国専修学校各種学校総連合会

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「7月の記念日」「今日は何の日

関連記事