パリ祭・フランス革命記念日(7月14日 記念日)

1789年のこの日、パリ市民がバスティーユ監獄を襲撃・占領し、これがフランス革命の始まりとなった。

「自由」「平等」「博愛」を旗印に始まった革命が、周辺国による連合軍のフランス攻撃となり、ナポレオン(1769~1821)が連合軍を破ってフランスを守った。この時にできたのがフランス国歌「ラ・マルセーエーズ」であった。

フランスではこの日は「フランス革命記念日」または「建国記念日」で、1880年から国民の祝日となった。日本では、1932年(昭和7年)の映画『Le Quatorze Juillet(7月14日)』の邦題が『巴里祭』であったことから「パリ祭」と呼ばれる。この日には、フランス各地で一日中花火が打ち上げられる。また、パリでは軍事パレードが開催され、慣例として消防士はダンス・チームを組んで市民に披露する。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「7月の記念日」「今日は何の日

関連記事