烏骨鶏の日(7月21日 記念日)

「薬膳食材の王様」といわれる烏骨鶏を手がける岐阜県大垣市の株式会社デリカスイトと株式会社烏骨鶏本舗、香川県東かがわ市の東かがわ烏骨鶏ファーム株式会社、香川県さぬき市の有限会社松本ファームの4社が制定。

日付は烏骨鶏が1942年(昭和17年)7月21日に大分・三重・広島などの主産地で国の天然記念物として指定されたことから。これはビタミン・鉄分など栄養が豊富に含まれ、薬膳料理などにも使われる烏骨鶏の種の保存と食文化の普及を目的としたものである。

烏骨鶏の日

記念日は2017年(平成29年)に一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。美容・健康に良く、栄養価に優れている烏骨鶏の魅力をより多くの人に知ってもらうことを目的としている。

リンク:デリカスイト烏骨鶏本舗東かがわ烏骨鶏ファーム松本ファーム

烏骨鶏について

烏骨鶏(うこっけい)とは、ニワトリの品種名である。英名はSilky Fowl。烏骨(黒い骨)という名が示す通り、皮膚・内臓・骨に到るまで黒色である。羽毛は白と黒がある。成鳥でもヒヨコ同様に綿毛になっている。

烏骨鶏(雌鳥)

一般的なニワトリのみならず、鳥類全般から見ても特異な外見的特徴から、中国では霊鳥として扱われ、不老不死の食材と呼ばれた歴史がある。実際、栄養学的に優れた組成を持ちまた美味であるため、現在でも一般的な鶏肉と比較して高価格で取引されている。また、卵も同様の理由により非常に人気が高く、産卵数も週に1個程度と少ないことから、一般的な鶏卵と比較して非常に高価である。

リンク:Wikipedia

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「7月の記念日」「今日は何の日

関連記事