日本三景の日(7月21日 記念日)

2006年(平成18年)に日本三景観光連絡協議会が制定。

江戸時代前期の1643年(寛永20年)、儒学者・林鵞峰はやし がほう(林春斎)が著書『日本国事跡考』において、松島・天橋立・宮島を卓越した三つの景観とし、これが「日本三景」となった。この日は林鵞峰の1618年(元和4年)の誕生日。

日本三景は海に面していて、海とともに松の深い緑の景観が美しい。この日本三景をさらに広くPRすることが目的。

日本三景はいずれも1952年(昭和27年)に国の特別名勝に指定されている。また、日本三景はそれぞれ世界遺産登録に動いたが、現時点では厳島神社(1996年(平成8年)登録)以外は登録に至っていない。

リンク:日本三景 公式サイト(日本三景観光連絡協議会)

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「7月の記念日」「今日は何の日

関連記事