地名の日(7月28日 記念日)

2008年(平成20年)に日本地名愛好会が制定。

アイヌ語地名研究家・山田秀三の1992年の命日であり、地名研究家・谷川健一の1921年の誕生日であることから。地名の理解と関心を高めることが目的。

北海道には難しい地名が多くあるが、これはアイヌ語が由来となっているためである。江戸時代以降、北海道に和人(日本人)が入るようになり、アイヌの土地名に漢字をあてて地名としたことによる。一例は以下の通り。

  • 札幌:サッ・ポロ・ペツ(乾いた大きな川)
  • 小樽:オタ・オル・ナイ(砂浜の中の川)
  • 苫小牧:ト・マク・オマ・ナイ(沼の奥にある川)
  • 稚内:ヤム・ワッカ・ナイ(冷たい飲み水の川)
  • 釧路:クスリ(温泉水)

東京の地名の由来については「東京の地名の由来」。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「7月の記念日」「今日は何の日

関連記事