ハイビスカスの日(8月1日 記念日)

「宮古島あかばなぁ(ハイビスカス)産業化協議会」が制定。

日付はハイビスカスは夏に最盛期を迎えることと、「ハイビスカス」の「ハ(8)イ(1)」と読む語呂合わせで、気持ちも「ハイ」になるイメージから。沖縄県宮古島で育ったハイビスカスを、観賞用から農産物として展開するためにその認知度を高めることが目的。記念日は2019年(令和元年)に一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

宮古島あかばなぁ(ハイビスカス)産業化協議会

同協議会は、宮古島市で生産するハイビスカスを活用した一次産業の振興を目的とした団体である。また、オリジナルブランド「Miyakojima Anna」の運営・管理を行っており、宮古島のハイビスカスの花びらから抽出したエキスを使用したドリンク・食品・化粧品などを販売している。

「あかばなぁ」は「ハイビスカス」の沖縄方言である。琉球神話には「あかばなぁ」は「天と地をつなぎ、幸せを運ぶ縁の花」だという一節がある。大切な家族や大好きな人々と過ごすひと時、「あかばなぁ」が縁をつなぎ、沖縄の甘やかな風と共に、幸せを運んでくれる。

リンク宮古島あかばなぁ(ハイビスカス)産業化協議会Wikipedia

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「8月の記念日」「今日は何の日

関連記事