オーガビッツの日(8月29日 記念日)

愛知県名古屋市中区に本社を置き、日本一の綿花取引量を誇る1841年(天保12年)創業の繊維専門商社の豊島株式会社が制定。

同社が推進する「オーガビッツ」(Orgabits)は、日本で最も多くのアパレルブランドが参加するオーガニックコットン普及のプロジェクトである。オーガニックコットンを通じてみんなで地球環境に貢献しようとの想いが込められている。日付はプロジェクトが行っている慈善団体への寄付金の贈呈日であり、オーガスト(August)とオーガニックの語感が似ていることから8月、オーガニックの「ニック」で29日とする語呂合わせから。記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

オーガビッツ

オーガビッツについて

オーガビッツは、オーガニックコットンを通して、みんなで“ちょっと(bits)”ずつ地球環境に貢献しようという想いから始まった。同社がはじめに取り組んだ“ちょっと”は、オーガニックコットンの普及により有機農地を拡げ、環境汚染を改善していくことであった。

オーガニックコットンとは、オーガニック農産物などの生産方法についての基準に従って2~3年以上の生産実践を経て、認証機関に認められた農地で、栽培に使われる農薬・肥料の厳格な基準を守って育てられた綿花のことである。

世界中の綿花のわずか1%しかないオーガニックコットンの割合を10%にしようというのが目標である。オーガニックコットンを通しての活動は様々な人たちの共感と出会いを呼び、“オーガビッツの輪”は大きく広がっている。

リンク:オーガビッツ

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「8月の記念日」「今日は何の日

関連記事