ようかんの日(10月8日 記念日)

練羊羹発祥の地とされる和歌山県。その和歌山県串本町にある手作り羊羹で有名な紅葉屋本舗を営む坂井良雄氏が制定。

日付は食欲の秋の10月と、縁起の良い言葉の「八福」にちなんで8日。また、「いと(10)おいしいよう(8)かん」と読む語呂合わせから。美味しくて疲労回復に良いとされるビタミンB1を多く含む羊羹を食べて、元気になってもらうことが目的。記念日は2012年(平成24年)に一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

紅葉屋本舗の羊羹

紅葉屋本舗は、1900年(明治33年)に和菓子店「もみぢや菓子舗」として創業以来、「美味しさ」と「安心」を追求してきた。最低限必要な材料だけ使用し、無添加でつくる羊羹は、素材の味がそのまま美味しさにつながる。

羊羹の基本材料は、小豆・寒天・砂糖。そして、味のバリエーションを生んでいるのは、古座川の柚子、大島の桜、白浜の抹茶、紀南地区の天日塩など地元の素材である。

誰もが安心して食べられる美味しい羊羹は、「自然の恵み」と「職人が一つひとつ手作りすること」でできている。外はシャリっと、中はしっとり。紅葉屋本舗伝統の味が受け継がれている。

リンク紅葉屋本舗

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「10月の記念日」「今日は何の日

関連記事