シーモネーター・天狗の日(10月9日 記念日)

2020年(令和2年)3月23日にデビュー15周年となるHIPHOPアーティスト「SEAMO」(シーモ)。彼が所属する株式会社ソニー・ミュージックレーベルズが制定。

日付は15周年オリジナル作品のリリースが2019年(令和元年)10月9日であることと、「てん(10)ぐ(9)」(天狗)と読む語呂合わせから。SEAMOのもうひとつの顔である「シーモネーター」は天狗をシンボルとして活動を続けており、天狗を題材とした楽曲を多数制作していることから、より多くのファンにその魅力を知ってもらうことが目的。記念日は2019年に一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

SEAMO

SEAMOは、2005年(平成17年)3月23日に『関白』でメジャーデビューを果たし、翌2006年(平成18年)はシングル『マタアイマショウ』や『ルパン・ザ・ファイヤー』のヒットで、この年のNHK紅白歌合戦に初出場を果たした。

それ以前は「シーモネーター」という名前でラッパーとして活動し、HIPHOPユニット「シーモネーター&DJ TAKI-SHIT」として、シングル『浪漫ストリーム』(2002年4月24日)やオリジナルアルバム『シモダス』(2003年2月19日)などを発表している。

『シモダス』

そして、「SEAMO」に改名してソロ活動を始めた後も、SEAMOのライブには“伝説の男”として天狗面をつけたシーモネーターが登場し、楽曲を披露している。

リンクSEAMO OFFICIAL WEB SITEソニーミュージックWikipedia

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「10月の記念日」「今日は何の日

関連記事