マカロンの日(10月9日 記念日)

フランスを代表する洋菓子のマカロン(macaron)を日本で普及させるために活動する全日本マカロン協会が制定。

日付はマカロンを立てて横から見ると「1」に見え、置いて上から見ると「0」に見えることから10月。マカロンの美味しさは人々を幸せな気持ちに包んでくれることから吉兆のシンボルの勾玉の形から9日に。この日は二十四節気の「寒露」の期間であり、読み方が「甘露」に通じることから甘いマカロンにふさわしい日としたもの。マカロンの魅力をより多くの人に知ってもらうことが目的。記念日は2018年(平成30年)に一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

マカロン

マカロンについて

マカロン(macaron)は、卵白と砂糖とアーモンドを使ってオーブンで焼きあげた菓子で、成分の半分以上が砂糖であるため、たいへんに甘い。形状は、直径数センチの半円形を両方から合わせた形をしている。

フランスを代表する洋菓子であるが、発祥地には諸説があり、イタリア発祥説のほかに、8世紀フランスのコルムリー修道院で初めて考案されたという説もある。語源はイタリア料理で使われるパスタの一つであるマカロニと同じである。

リンク:全日本マカロン協会Wikipedia

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「10月の記念日」「今日は何の日

関連記事