読書の日(10月27日 記念日)・読書週間

「読書の日」は、「読書週間」(10月27日~11月9日)の1日目の日。

「読書週間」は、1924年(大正13年)に図書館の利用PRを目的に日本図書館協会が制定した「図書館週間」(11月17日~23日)を母体としている。その後、1933年(昭和8年)に東京書籍商組合主催の「図書祭」(11月17日~23日)に改称されたが、戦争の影響で1939年(昭和14年)には一旦廃止された。

終戦後の1947年(昭和22年)からは「読書週間」(11月17日~23日)と改称して、読書週間実行委員会の主催で実施された。読書週間実行委員会は、日本出版協会、日本図書館協会、取次・書店の流通組織、その他報道・文化関連団体30あまりが参加して結成された。「読書週間」の目的は、読書の力によって、平和な文化国家を作ろうというものである。

「1週間では惜しい」ということで、翌1948年(昭和23年)の第2回「読書週間」から、「文化の日」の前後にまたがる現在の10月27日~11月9日の2週間に期間を延長し、1959年(昭和34年)に読書推進運動協議会(読進協)が発足してからは、読書週間実行委員会に代わって主催団体となった。

読書週間ポスター

東京都千代田区神田神保町の書店街では「神田古本まつり」が開催されている。2018年(平成30年)は10月26日(金)~11月4日(日)の10日間の予定である。

リンク:読書推進運動協議会Wikipedia

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「10月の記念日」「今日は何の日

関連記事