アロエヨーグルトの日(12月10日 記念日)

東京都港区芝に本社を置き、ヨーグルトなどの乳製品・牛乳・アイスクリームの製造・販売を手がける森永乳業株式会社が制定。

1994年(平成6年)のこの日、森永乳業が日本で初めてアロエ葉肉入りのヨーグルトを発売した。身体の内側からきれいに、健康になってもらおうとの想いで開発されたヨーグルトである。記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

森永アロエヨーグルト

同社は、次世代の健康的なデザートとして「食感に特徴がある健康によい食材」というテーマの元で、ナタデココに次ぐ新素材を探していた。そして、タピオカ・こんにゃく・ジンジャーなどの検討の末、出会った素材が「アロエベラ」である。

そして、体のなかからきれいになれる「食べる化粧品」というコンセプトで、「森永アロエヨーグルト」は「素肌とカラダのために」をキャッチコピーに発売された。

同社のアロエヨーグルトとして、「森永アロエヨーグルト」のほかに2連タイプや、ドリンクタイプの「森永アロエヨーグルト アロエの力」、ヘルシーな「森永アロエヨーグルト 脂肪0(ゼロ)」、大きさ3倍の大粒アロエが楽しめる「森永大粒アロエ&ヨーグルト」、手軽で場所を選ばない「森永アロエヨーグルト ハンディスタイル」などの商品がある。

5月15日はヨーグルトを研究し、ヨーグルトが健康に良いと世界中に紹介したロシアの微生物学者イリヤ・メチニコフ博士の誕生日に由来して「ヨーグルトの日」となっている。

リンク森永乳業

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「12月の記念日」「今日は何の日

関連記事