眠育の日(3月19日 記念日)

大阪府大阪市中央区に本社を置き、繊維製品や健康寝具などの製造・販売を手がける西川リビング株式会社が2018年(平成30年)に制定。

日付は「みん(3)い(1)く(9)」(眠育)と読む語呂合わせから。発育における子ども達の睡眠の大切さ、成長とその関係性などを知ってもらい「眠育®」を幅広い世代に認知拡大していくことが目的。

眠育について

「眠育」とは、正しい睡眠習慣をつくり子ども達の成長を応援する活動である。睡眠は子ども達の心とからだの成長に大きな役割を持っている。成長ホルモンが分泌される入眠から3時間程度を深い眠りにするのが理想で、脳がいちばん育つのもこの時間帯である。

毎朝7時に起きるとすると、夜9時に寝て10時間眠る、子ども達の規則正しい生活リズムと理想の睡眠をつくることが大切である。同社では子ども達の眠りの啓発活動の一貫として「眠育プロジェクト」を実施しており、全国各地でイベントなどを開催している。

また、同社では家庭で自分だけのオリジナル枕が簡単に作れる「手作りキッズまくら」や、子どもの成長に合わせて高さが調整できる枕「Suu Goo ぼくのわたしのまくら」などの販売も行っている。

手作りキッズまくら
手作りキッズまくら
Suu Goo ぼくのわたしのまくら
Suu Goo ぼくのわたしのまくら

「手作りキッズまくら」は、2017年度のグッドデザイン賞や第11回キッズデザイン賞の特別賞を受賞しており、子ども達が「いい眠り」を考えるきっかけづくりにもなる枕である。

リンク:西川リビング

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「3月の記念日」「今日は何の日

関連記事