端午の節句(5月5日 年中行事)

日本では古来から男子の健やかな成長を願う行事が行われていた。

「端午」は本来は月の最初の午(うま)の日を意味する。「午」は「ご」とも読み「5」に通じることから5日を意味し、「5」が重なる5月5日を「端午の節句」と呼ぶようになった。武者人形や甲冑を飾り、外には鯉のぼりや旗を立て、柏餅やちまきを食べ、菖蒲湯(しょうぶゆ)に入って男の子の成長を祝う祭りであった。

現在では国民の祝日である「こどもの日」となっている。男の子の祭りである「端午の節句」に対して、女の子の祭りは3月3日の「桃の節句(雛祭り)」である。

「端午の節句」「桃の節句」は、もともと男女の区別なく行われていたが、江戸時代ごろから、「端午の節句」は「菖蒲(しょうぶ)の節句」とも言われることから、「尚武」(武道・武勇を重んじること)にかけて男の子の節句とされるようになった。また、雛祭りで飾られる雛人形は女の子に属するものとされ、「桃の節句」は女の子の節句となった。

この日を中心に「鯉のぼり」が飾られ、東京タワーでは高さ333mにちなんで333匹の「鯉のぼり」が飾られるイベントが開催される。この他にも各地でイベントが開催され、多くの「鯉のぼり」が大空に舞う姿を見ることができる。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「5月の記念日」「今日は何の日

関連記事