入梅(6月11日頃 雑節)

「入梅(にゅうばい)」は、梅雨入りの時期に設定された雑節(特別な暦日)である。現在広まっている定気法では太陽黄経が80度のときで6月11日頃。

暦の上での「梅雨入り」を意味する漢語表現である。対義語は「梅雨明け」を意味する「出梅(しゅつばい)」だが、日本ではほとんど使われていない。

の実が熟して黄色く色づく頃に、雨季にることから「入梅」。梅雨に入る一つの目安とされるが、地域や年によってその時期は違うため、実際の梅雨入りとは日付が異なる。梅雨入りしてから約30日間が梅雨の期間となる。

農家にとって梅雨入りの時期を知ることは、田植えの日を決めるうえでも重要であった。昔は、現在のように気象予報が発達していなかったため、江戸時代に目安として暦の上で「入梅」を設けたとされている。

「入梅」の日付は以下の通り。

  • 2016年6月10日(金)
  • 2017年6月11日(日)
  • 2018年6月11日(月)
  • 2019年6月11日(火)

リンク:Wikipedia

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「6月の記念日」「今日は何の日

関連記事