油の日(8月23日 記念日)

京都府大山崎町にある離宮八幡宮と、東京に本社を置き様々な油脂事業を展開するカネダ株式会社が共同で制定。

離宮八幡宮は「長木(ながき)」という「てこ」を応用した荏胡麻(えごま)の種子から油を搾る道具を発明し、これが企業規模の搾油の始まりとされることから日本の製油発祥の地と言われる。日付は、859年(貞観元年)8月23日に清和天皇の勅命により九州にあった宇佐八幡宮が大山崎に遷宮されたことから。日常生活に必要で大切なさまざまな油について考えるきっかけの日になることを願い記念日とした。

リンク:離宮八幡宮カネダ株式会社

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「8月の記念日」「今日は何の日

関連記事