卵かけご飯の正しい食べ方

卵かけご飯にはさまざまな食べ方があるが、シンプルで科学的に1番美味しい卵かけご飯の食べ方である。この食べ方はテレビ番組『林先生が驚く初耳学!』(2017/7/9放送)で紹介された内容である。

卵かけご飯
画像元:東洋経済オンライン

卵に醤油を入れるのではなく、①ご飯に直接醤油をかける。そして、②醤油をかけたご飯に卵を入れる。この順番の方が卵かけご飯を美味しく食べられる。

人間の舌は塩味と甘味の両方があると塩味から感じやすく、甘味がうまく伝わらない。醤油のご飯を卵で包むことで、卵の甘味を先に感じ、その後に醤油の塩味を感じることができ、マイルドな味わいになる。

日本人のソウルフードである卵かけご飯は、奥が深く、卵かけご飯専用の醤油やふりかけも販売されている。また、卵かけご飯に入れる食材は人によって異なるが、その種類は豊富で、納豆、かつお節、ゴマ、鮭フレーク、チーズ、ごま油、キムチ、塩こんぶ、バターなどさまざまなものがある。自分らしい卵かけご飯を探すのも一つの楽しみ方である。

2017/10/22

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「食べ物

関連記事