「ハレウッド」の名前の由来

「ハリウッド」ならぬ「ハレウッド」は岡山県のことである。

岡山県のキャッチフレーズ「晴れの国」と映画産業の中心地「ハリウッド」を合わせて「ハレウッド」という言葉が誕生した。ハリウッドは、アメリカ・カリフォルニア州のロサンゼルス市にある地区である。

岡山県は「晴れの国」

岡山県は晴れの日が多く、降水量1mm未満の日数が全国1位である。そのため岡山県のキャッチフレーズを「晴れの国」としている。

降水量1mm未満の日数(平年値)
順位都道府県日数
1岡山276.8
2山梨273.8
3兵庫271.6
4広島270.5
5和歌山269.0
全国平均247.8

※平年値とは、過去30年間の降水量や気温などを平均した値で、10年ごとに更新されており、上記の表は1981年(昭和56年)から2010年(平成22年)の30年間を平均したもの。

岡山県は日本映画の聖地

晴れの日が多いこともあり、岡山県は映画のロケ地として使用されることが多い。映画『るろうに剣心』『ALWAYS 三丁目の夕日』『八日目の蟬』『踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!』『先生!、、、好きになってもいいですか?』などでロケ地として使用され、アニメ映画『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』の舞台にもなっている。

岡山県はこれらの映画の聖地であり、岡山県も「晴れの国」と共に「ハレウッド」をPRしている。

ひるね姫

リンク:ハレウッドムービー(岡山県)

2017/11/8

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「語源・由来

関連記事