鳥取砂丘は無理やり砂丘にしている

鳥取砂丘は草むしりをしないと勝手に草が生えて、草原になってしまう。

これには砂丘の近くに防風林を造った事が影響している。防風林により風があまり吹かなくなり、砂が飛ばされなくなった。砂がその場所に留まると、鳥などが種子を運んできたり、風で吹かれてくるため、草が生えるようになった。そこで、ボランティアの人達が草を抜いて砂丘を維持している。

鳥取砂丘での除草

1970年頃から本来生えていない外来植物が目立つようになり、1991年頃には砂丘の半分近くが雑草などで緑に覆われるようになった。砂丘の草原化が深刻な問題になり、美しい砂丘を維持・保全するために、2004年度からボランティアによる除草が始まった。観光客による除草体験も行われており、草むしりをする事で砂丘が維持されている。

リンク:鳥取砂丘再生会議

2018/10/8

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「生き物

関連記事