激辛料理のあとの水は逆効果

激辛料理や痺れ料理が人気の現在だが、辛いものを食べた後に水を飲んで辛さを和らげようとするのは逆効果だという。

水

唐辛子や山椒の辛み成分は水に溶けにくい性質があり、水を飲んでも洗い流すどころか口の中で辛み成分が広がり、辛さを感じる部分が広がるだけ。辛さを和らげるために水を飲む正しいタイミングは「辛いものを食べる前」である。辛い料理を食べる前に口の中を冷水で冷やすと、辛さを感じる痛覚が鈍るため、辛さを感じにくくなる。

2019/1/16

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「食べ物

関連記事