日本で一番短い国道は国道174号

日本で一番短い国道は、兵庫県神戸市中央区にある国道174号で、その長さは187.1mである。

国道174号

国道174号は、神戸港と国道2号を結ぶ一般国道で、いわゆる港国道の一つである。港国道とは、港や空港を起点とする国道のことを言い、一般には数km程度の道が多い。187.1mという長さは不動産業界の基準である「徒歩1分=80m」で計算すると約2分半で歩くことができる距離である。

以前は約940mあったが、国道2号が神戸港寄りに路線変更され、国道174号の区間も短くなり日本一となった。制度上、距離は短くなっても、重要な港と国道を結ぶ道は国道となる。国道174号は距離では短いが、上下合わせて11車線もある道幅の広い道路である。

国道174号の起点付近には「日本で一番短い国道です」と書かれた看板も設置されている。また、国土交通省のサイトでは、「短いながらも神戸港の物資流通のための産業道路として重要な道路」と紹介されている。

ちなみに、日本で一番長い国道は、東京都中央区日本橋と青森県青森市を結ぶ国道4号で、その長さは実延長で854.9kmである。江戸時代の五街道の一つである日光街道や奥州街道を踏襲する道筋で、その経路は東京・埼玉・茨城・栃木・福島・宮城・岩手・青森と8都県に及ぶ。

リンク兵庫国道事務所国土交通省Wikipedia

2019/6/21

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「乗り物

関連記事