雨情忌(1月27日 記念日)

詩人、童謡・民謡作詞家の野口雨情(のぐち うじょう)の1945年(昭和20年)の忌日。

野口雨情

野口雨情について

1882年(明治15年)5月29日に現在の茨城県北茨城市に生まれる。本名は英吉。上京して東京専門学校(現:早稲田大学)に入学するが、1年余りで中退、詩作を始める。

大正中期の民謡・童謡興隆の機運の中で、職を転々と変えながら、素朴な田園的情趣を主体とした作品を多く発表する。北原白秋や西條八十の都会的風趣と対照された。全国に歌謡行脚し、民謡・童謡の普及に尽力する。62歳で死去。

詩集『都会と田園』『沙上の夢』、民謡集『波浮(はぶ)の港』『船頭小唄』、童謡集『十五夜お月さん』『青い目の人形』などがある。人間的な暖かさの流れた作品の数々は人々に広く親しまれている。また、雨情は北原白秋、西條八十とともに、童謡界の三大詩人とされる。

リンクWikipediaコトバンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「1月の記念日」「今日は何の日

関連記事