孟宗忌(2月15日 記念日)

小説家・徳永直(とくなが すなお)の1958年(昭和33年)の忌日。

「孟宗忌」の名前は、初期の短編『最初の記憶』に登場する、孟宗竹を削って箸にする人々の描写にちなむ。

徳永直

徳永直について

1899年(明治32年)1月20日に現在の熊本県熊本市西区に生まれる。小学校卒業前から、印刷工・文選工など職を転々とする。

1922年(大正11年)に山川均を頼って上京し、労働組合運動に参加。共同印刷争議に敗れるが、この時の体験を基に長編『太陽のない街』を『戦旗』に連載し、プロレタリア作家としての地位を確立する。

第二次世界大戦中は『光をかかぐる人々』で地味な抵抗を示し、戦後は新日本文学会の結成に参加。『新日本文学』創刊号から亡妻の思い出として下積みの女の一生を描いた『妻よねむれ』を発表する。

胃癌のため59歳で死去。その他の作品に『はたらく一家』『八年制』『静かなる山々』などがある。

リンクWikipediaコトバンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「2月の記念日」「今日は何の日

関連記事