涅槃会(2月15日・3月15 記念日)

仏教の祖・釈迦が亡くなったとされる釈迦入滅の日。

各寺院で釈迦の遺徳を偲ぶ法会が行われ、この法会を「涅槃会(ねはんえ)」という。もともと陰暦2月15日だったが、現在では3月15日に行う寺院もある。

涅槃とは、ニルヴァーナの訳語であり、迷妄のなくなった心の境地を指す言葉であったが、この場合には、釈迦が亡くなったという意味で用いられている。

実際には、釈迦が入滅した月日は不明であり、南伝仏教ではヴァイシャーカ月の満月の日(ウェーサーカ祭)と定められている。ヴァイシャーカ月が、インドの暦では第2の月であることから、中国で2月15日と定めたものである。

リンクWikipedia

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「2月の記念日」「今日は何の日

関連記事