36(サブロク)の日(3月6日 記念日)

東京都千代田区神田駿河台に事務局を置き、労働条件・職場環境の維持改善といった職場レベルでの課題や、労働法制・社会保障制度・経済政策など、様々な社会的問題も解決する日本労働組合総連合会(連合)が制定。

日付は労働基準法第36条に規定されている「時間外・休日労働に関する協定」が「36(サブロク)協定」と呼ばれていることから。全ての職場でより良い働き方を実現するために、長時間労働の是正に向けた機運をはかり、多くの人に「働き方」や「働くこと」について考えてもらうことが目的。記念日は2018年(平成30年)に一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

日本労働組合総連合会

36(サブロク)協定について

会社が法定労働時間(1日8時間、週40時間)を超えた時間外労働や休日労働を命じる場合、必要となる協定である。

労働組合などと書面による協定を結び、労働基準監督署に届け出る必要がある。届け出をしないで時間外労働をさせると、労働基準法違反として6ヵ月以下の懲役または30万円以下の罰金が科せられる。

36協定を締結し、労働基準監督署への届け出を行わずに残業を行わせた使用者に対して、厚生労働省は「36(サブロク)協定のない残業は犯罪です!!」とするリーフレットを配布し、周知をはかっている。

リンク:日本労働組合総連合会Wikipedia

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「3月の記念日」「今日は何の日

関連記事