穀雨(4月20日頃 二十四節気)

「穀雨(こくう)」は、「二十四節気」の一つで第6番目にあたる。現在広まっている定気法では太陽黄経が30度のときで4月19日頃。

「穀雨」の日付は、近年では4月19日または4月20日であり、年によって異なる。2021年(令和3年)は4月20日(火)である。

「穀雨」の一つ前の節気は「清明」(4月5日頃)、一つ後の節気は「立夏」(5月5日頃)。「穀雨」には期間としての意味もあり、この日から、次の節気の「立夏」前日までである。西洋占星術では「穀雨」が金牛宮(きんぎゅうきゅう:おうし座)の始まりとなる。

この頃には田畑の準備が整い、それに合わせて春の雨が降る。この春物の成長を助けることから「穀雨」と呼ばれる。種まきや育苗に適した時期である。

江戸時代の暦の解説書『こよみ便覧(べんらん)』には「春雨降りて百穀を生化すればなり」と記されている。また、この頃から降雨量が増え、日差しも強くなる。

「穀雨」の日付は以下の通り。

  • 2016年4月20日(水)
  • 2017年4月20日(木)
  • 2018年4月20日(金)
  • 2019年4月20日(土)
  • 2020年4月19日(日)
  • 2021年4月20日(火)

「穀雨」の終わり頃(「立夏」直前:5月2日頃)に「八十八夜」がある。「八十八夜」は、季節の移り変わりの目安となる「雑節」の一つで、「立春」を起算日(第1日目)として88日目(「立春」の87日後の日)にあたる。「八十八夜」に摘んだ茶は上等なものとされ、その日にお茶を飲むと長生きするともいわれている。

リンクWikipediaコトバンク国立国会図書館

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「4月の記念日」「今日は何の日

関連記事