午後の紅茶の日(5月5日 記念日)

東京都中野区中野に本社を置き、数多くの清涼飲料の製造・販売などを手がけるキリンビバレッジ株式会社が制定。

日付は「ご(5)ご(5)」(午後)と読む語呂合わせから。同社の紅茶飲料「キリン 午後の紅茶」が2015年(平成27年)に発売30年目を迎えることをきっかけに、より多くの人に「午後の紅茶」に接してもらい、5月の行楽シーズンを「午後の紅茶」と共に過ごして欲しいとの願いが込められている。記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

午後の紅茶

午後の紅茶について

「午後の紅茶」を代表するレギュラー商品には「ミルクティー」「ストレートティー」「レモンティー」「おいしい無糖」が、その他の商品には「Fruit×Fruit TEA オレンジ&ベリー」「デカフェ ストレートティー」「スパイス香るアイスチャイ」など数多くの商品がある。

今でこそペットボトル入りの紅茶は身近な存在だが、実は1986年(昭和61年)にデビューした「午後の紅茶」が日本初のペット入り紅茶だった。それ以前は、缶入りの紅茶しかなかった。そして、本当に美味しい、リーフティーの本格紅茶を作るため、日本初のペット容器入りストレートティーの開発が始まった。

しかし、紅茶には「冷やせば濁る」という性質があり、この問題を解決するために度重なる試行錯誤を繰り返し、クリアアイスティー製法を発明した。これによりグラスに注ぐだけで、本格的な紅茶が味わえるペット紅茶を作ることができた。「午後の紅茶」の美しい色鮮やかな色合いは、試作の繰り返しの結果生まれた、開発技術の結晶である。

午後の紅茶 ストレートティー 1.5L
午後の紅茶 ストレートティー 1.5L

「日本にも紅茶の本場イギリスの習慣を根付かせたい」そんな思いを込めて、英国の習慣であるアフタヌーンティーに由来した「午後の紅茶」がネーミングとして採用された。また、ラベルには、アフタヌーンティーの習慣のはじまりといわれる、ベッドフォード公爵夫人のイラストがあしらわれ、本物の紅茶のイメージが強調された。現在では「午後の紅茶」は「午後ティー」の愛称で親しまれている。

ベッドフォード公爵夫人
ベッドフォード公爵夫人

リンクキリンWikipedia

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「5月の記念日」「今日は何の日

関連記事