自助の日(5月28日 記念日)

東京都千代田区丸の内に事務局を置き、生命保険業の健全な発達及び信頼性の維持を図るために情報提供に関する事業などを行う一般社団法人・生命保険協会(The Life Insurance Association of Japan:LIAJ)が制定。

日付は「自助」(じじょ)にとって大切な「希望、知恵、財運、健康、愛」を意味する「五(5)つ(2)葉(8)=(いつつば)」と読む語呂合わせから。人生100年時代を迎える現代社会において一人ひとりが豊かな人生を送るために、ライフプランや資産形成、健康の増進、保険などで自ら将来の準備をする「自助」について考える日としてもらうことが目的。記念日は2018年(平成30年)に一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

自助の日

五つ葉には、「希望を描くライフプラン」「人生を歩む知恵」「自分らしく生きるための資産形成」「病気や事故の予防による健康」「愛を形にする保険」の五つの意味が込められている。一人ひとりの人生が明るく、夢や希望が叶うものとなるよう、これらの五つのことを考える日である。

生命保険協会は1908年(明治41年)に発足し、国内の全ての生命保険会社が加入している。2018年12月に創立110周年を迎えた。これを記念して、2019年(平成31年)2月に「生命保険協会創立110周年記念式典」が開催された。創立110周年という節目を契機に、持続可能な社会の実現に向け、生命保険業界として果たすべき役割について発信した。合わせて「自助の日」が創設された。

リンク生命保険協会

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「5月の記念日」「今日は何の日

関連記事