ナオトの日(7月10日 記念日)

シンガーソングライター「ナオト・インティライミ」の所属事務所である株式会社エンジンが制定。

日付は「ナ(7)オト(10)」と読む語呂合わせから。「ナオトの日」の特別なイベントをさらに心に深く残るイベントにしたいとの想いが込められている。記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

ナオト・インティライミ

ナオト・インティライミについて

8月15日三重県生まれ、千葉県育ち。世界66ヵ国を一人で渡り歩き、各地でLIVEを行い、世界の音楽と文化を体感。「インティライミ」とは南米インカの言葉で「太陽の祭り」を意味する。

自らのソロ活動の他、コーラス&ギターとして Mr.Childrenツアーサポートメンバーに抜擢され、知名度を上げていく。2010年(平成22年)にメジャーデビュー。

「タカラモノ ~この声がなくなるまで~」、「今のキミを忘れない」では100万ダウンロードを超えるヒット。2012年(平成24年)リリースの3rdアルバム「風歌キャラバン」は自身初となるオリコン・ウィークリーチャート1位を獲得。同年にはNHK紅白歌合戦に初出場を果たす。

メジャーデビュー以来、多くのファンに愛されている彼は2011年(平成23年)から毎年7月10日に「ナオトの日」と題したスペシャルワンマンライブを開催している。その日の雰囲気やリクエストで選曲する完全ノープランのスタイルで行われる。

リンクナオト・インティライミWikipedia

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「7月の記念日」「今日は何の日

関連記事