ロコモコ開きの日(7月11日 記念日)

ハワイの総合ポータルサイトの運営を行い、レストランやイベントなどの情報を提供するハワイ州観光局が制定。

日付は「夏(7)のいい(11)日」と読む語呂合わせから。暑い日本の夏を乗り切るために、疲労回復・スタミナアップに役立つハワイの料理「ロコモコ」を、この日をきっかけにより多くの人に食べてもらうことが目的。記念日は2017年(平成29年)に一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

ロコモコ

ロコモコについて

ロコモコ(loco moco)は、ご飯の上にハンバーグと目玉焼きなどを乗せ、肉汁を元にしたグレイビーソースをかけたものが基本である。ハワイの人気料理で、ハワイ州観光局の公認メニューとなっている。

ロコモコのルーツは完全には明らかになっていない。一説には、1949年(昭和24年)にハワイ島のヒロでリンカーングリルという小さなレストランを営んでいた日系2世のナンシー・イノウエによって発案されたという説があり、もとは学生向けの安価なファーストフードであった。

「loco」とはスペイン語でイカレた奴、またはlocal(地元)との掛詞で、このレストランの常連の高校生の一人のあだ名が「クレージー」であったため、同じグループのスペイン語を学んでいたメンバーが「loco」という語を付けたとも言われている。また、「moko」にはハワイ語で入り乱れる、混ざるという意味があるが、この料理名への関連は薄く、単に語呂がよかったので定着したと考えられている。

リンクハワイ州観光局Wikipedia

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「7月の記念日」「今日は何の日

関連記事