中元(7月15日 年中行事)

道教に由来する年中行事。この頃に、お世話になった人に贈り物をし、この習慣を「お中元」とも呼ぶ。

本来は旧暦7月15日であるが、日本では新暦7月15日または8月15日に行われる。1月15日が上元、7月15日が中元、10月15日が下元で、合わせて三元という。

中元は地官大帝の誕生日であり、さまざまな罪がゆるされる贖罪(しょくざい)の行事が行われる。また、地官大帝は地獄の帝でもあるため、死者の罪がゆるされるよう願う行事も行われる。

中国仏教ではこの日に祖霊を供養する「盂蘭盆会」を行うようになった。日本では、盂蘭盆会は神道と習合し、「お盆」の行事となった。江戸時代から祖先への供物とともに、商い先やお世話になった人に贈り物をするようになった。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「7月の記念日」「今日は何の日

関連記事