世界ライオンの日(8月10日 記念日)

南アフリカのヨハネスブルグに本部を置く非営利団体「African Parks」が2013年(平成25年)に制定。英語表記は「World Lion Day」。

食物連鎖の頂点に立っているライオンが、密かに絶滅の危機にさらされていることをより多くの人に知ってもらい、ライオンの保護を喚起することが目的。

ライオン

ライオンは国際自然保護連合(IUCN)による保存状況評価で絶滅危惧種(VU)に指定されている。ライオンを襲う危機は様々で、生息地であるサバンナの減少やレジャー目的のハンティングなどがある。

ライオンについて

ライオン(lion)は、食肉目ネコ科ヒョウ属に分類される食肉類。別名はシシ(獅子)。オスであれば体重は250キログラムを超えることもあり、ネコ科ではトラに次いで2番目に大きな種である。

現在の主な生息地はサハラ砂漠より南の地域サブサハラであるが、インドのジル国立公園のインドライオンは絶滅が危惧されている。北アフリカや西南アジアでは有史時代に姿を消している。

リンク:African ParksWikipedia

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「8月の記念日」「今日は何の日

関連記事