苦汁(にがり)の日(9月10日 記念日)

兵庫県赤穂市に本社を置き、食塩や苦汁(にがり)を中心とした無機ミネラル総合メーカーの赤穂化成株式会社が制定。

日付は苦汁(にがり)は海水から塩を採った後の残りの液体で、舐めると苦いので苦汁(くじゅう)と書くことから「く(9)じゅう(10)」で9月10日としたもの。和食の代表食材である豆腐の味を引き立てる苦汁(にがり)の魅力をより多くの人に知ってもらうことが目的。記念日は2018年(平成30年)に一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

赤穂化成のにがり

同社では「天海のにがり」や「海の深層水にがり」などを製造・販売している。「天海のにがり」は素材の持つ旨味や甘味を引き立てる働きがある。ご飯・味噌汁・漬物・煮物などに数滴加えると、ひと味違うコクとまろやかさが出る。「砂糖・塩・酢・醤油・味噌」に続く第6の調味料として使うことができる。

「海の深層水にがり」は室戸海洋深層水から生まれた、マグネシウムが豊富な豆腐用にがりである。豆腐づくりに適しているため、成分無調整の豆乳と一緒に、家庭で甘くて美味しい豆腐を作ることができる。

リンク:赤穂化成

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「9月の記念日」「今日は何の日

関連記事