おかやま米の新米記念日(10月第3土曜日 記念日)

岡山県岡山市北区に事務局を置く全国農業協同組合連合会・岡山県本部(JA全農おかやま)が制定。

日付は10月の第3週の週末は岡山県における新米の収穫最盛期を迎える時期であることから、10月の第3土曜日としたもの。

その年のお米の収穫を祝うとともに、美味しい「おかやま米(まい)」の新米をたくさん食べてもらうことが目的。記念日は2021年(令和3年)に一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

おかやま米

岡山県で作られるお米として、きぬむすめ・コシヒカリ・ヒノヒカリ・アケボノ・ひとめぼれ・あきたこまち・キヌヒカリなどがある。記念日により新米の出荷時期の到来をアナウンスすることで、これら岡山県産米の消費拡大推進を図る。

「おかやま米の新米記念日」の日付は以下の通り。

  • 2021年10月16日(土)

岡山県は、晴れの国と呼ばれるほどの「豊かな日照量」、瀬戸内海沿岸地特有の「温暖な気候条件」、三大河川がもたらす「豊富な水」、自然あふれる「肥沃な大地」という恵まれた環境を最大限に活かして、中国地方最大の米穀生産地として発展してきた。

岡山県の三大河川は、東から吉井川・旭川・高梁川であり、これらの川は一級河川である。また、岡山県は北部が山地で南部が海という地形から、県内は地域によって標高差や温度差がある。

岡山県のお米はそれぞれの地域の気候・風土に合った栽培が行われる。そして、地域に適した品種選定や栽培により、良質米が育ち、収穫も比較的長期間行うことができる。また、酒造りに適したお米も栽培されており、きれいな水を利用した美味しい地酒もたくさんある。

関連する記念日として、JA全農おかやまは2月12日を「黄ニラ記念日」、10月10日を「岡山県産桃太郎トマトの日」に制定している。

リンクJA全農おかやま

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「10月の記念日」「今日は何の日

関連記事