毛皮の日(11月20日 記念日)

一般社団法人「日本毛皮協会」(Japan Fur Association:JFA)が1989年(平成元年)に制定。

日付は「いい(11)フ(2)ァー(輪=0)」(fur=毛皮)と読む語呂合わせから。毛皮の需要促進キャンペーンの一環。JFAは、毛皮専業者の団体で、毛皮産業に関する調査研究、情報の収集及び提供などを実施している。また、JFAファーデザインコンテストの開催や毛皮の鑑定なども行っている。

リンク日本毛皮協会

毛布製造業者の団体「日本毛布工業組合」も2017年(平成29年)にこの日を「毛皮の日」に制定。

日付は11月は毛布の主要産地の大阪府泉大津市で長年にわたり「泉大津毛布まつり」が行われてきたことから11月。そして、日本で毛布が初めて生産されたのが明治20年(1887年)なのでその数字から20日としたもの。あたたかい家族にぬくもりある生活を届ける毛布の振興を図ることが目的。

日本で毛布が生産されて130周年という節目の年にちなみ記念日とした。記念日は日本毛布工業組合が制定した日として一般社団法人「日本記念日協会」により認定・登録された。

同組合はNHKテレビ放送『みんなのうた』で放映された『毛布の日』という歌を「毛布の日」のキャンペーンソングとしている。また、大阪府の南部に位置する泉大津市とその周辺では国産毛布の90%以上が生産されている。

リンク日本毛布工業組合

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「11月の記念日」「今日は何の日

関連記事