マウスの誕生日(12月9日 記念日)

「IT25・50」シンポジウム実行委員会が制定。「IT25・50」とは、「インターネット商用化25周年」&「ダグラス・エンゲルバートThe Demo 50周年」の意味である。

1968年(昭和43年)12月9日にアメリカの発明家で「ITの父」ダグラス・エンゲルバート(1925~2013年)によりマウスやウインドウ、ハイパーテキストなど、パーソナルコンピュータ、インターネットの歴史の出発点ともなるデモンストレーション「The Demo」が行われた。

中でもマウスは、それまで専門家しか操作できなかったコンピュータを誰もが操作できるようになる画期的なもので、その後のIT文化の基盤ともなっていることから、その誕生日として「The Demo 50周年」を祝い、「ITの過去・現在・未来」について考える日とすることが目的。

日付はデモンストレーション「The Demo」が行われた日から。記念日は2018年(平成30年)に一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。日本時間で2018年12月10日(月)に慶應義塾大学三田キャンパスにて記念シンポジウムが開催される予定である。

「IT25・50」シンポジウム

リンクIT25・50.net

世界初のマウスについて

1967年(昭和42年)、エンゲルバートはマウスの特許をアメリカで申請し、1970年(昭和45年)に取得した。マウスが開発されたのはその数年前で、エンゲルバートのアイデアに基づいてビル・イングリッシュが設計・開発した。その特許では「X-Y position indicator for a display system」(表示システムのためのX-Y位置指示器)とされており、金属ホイールを2つ持つ木製のマウスであった。

世界初のマウスの試作品
世界初のマウスの試作品

「マウス」と名付けられたのは尻尾に相当するコードがありネズミに似ていたためである。また、スクリーン上のカーソルは「バグ」と呼んでいたが、この用語は定着しなかった。ちなみに、マウスの移動の単位は「ミッキー」であり、ミッキーマウスに由来するとされる。

リンクWikipedia

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「12月の記念日」「今日は何の日

関連記事