はんぺんの日(冬至 12月22日頃 記念日)

東京都中央区築地に本部を置く東京都蒲鉾水産加工業協同組合が2016年(平成28年)に制定。

昔から「冬至の日」に「ん」の字が2つ以上ある食べ物を食べると運が向上し、無病息災に効果があると言い伝えられていることから、「ん」が2つある「はんぺん」をもっと食べてもらうことが目的。日付は言い伝え通りの「冬至の日」。

「はんぺんの日」(冬至)は以下の通り。

  • 2016年12月21日(水)
  • 2017年12月22日(金)
  • 2018年12月22日(土)

はんぺん
はんぺん
画像元:Wikipedia

「はんぺん」について

「はんぺん」は、関東・東海地方の食材でスケトウダラなどの魚肉のすり身にすりおろしたヤマノイモなどの副原料を混ぜてよく摺り、調味して薄く四角形または半月型にしてゆでた魚肉練り製品である。

原料魚には、スケトウダラのほかに、ヨシキリザメ、アオザメ、オナガザメなどのサメ類やカジキなどが使われることもある。しかし、現在では新鮮なものが入手しにくいなどの問題から、サメなどを原料とするのは極上品とされる。

名前の由来としては、江戸時代の駿河国(現在の静岡県中部・東部)の料理人・半平(はんぺい)が創案したところからこの名が付いたとする説や、椀蓋で半月型に整形したことから名が付いたとする説など多くある。

漢字では名前の由来でもある「半平」や「半片」と書くが、「半弁」「鱧餅」などの字が当てられることもある。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「12月の記念日」「今日は何の日

関連記事