冬至(12月22日頃 二十四節気)

「冬至(とうじ)」は、二十四節気のひとつ。英語では「Winter solstice」。現在広まっている定気法では太陽黄経が270度のときで12月22日頃。

大雪」と「小寒」の中間にあたる。期間としての意味もあり、この日から、次の節気の「小寒」前日までである。西洋占星術では、「冬至」が磨羯宮(やぎ座)の始まり。

北半球では太陽の高さが一年で最も低くなる日。そのため、一年中で最も昼(日の出から日没まで)が短くなり、夜が最も長い。『暦便覧』では「日南の限りを行て、日の短きの至りなれば也」と説明している。この日にゆず湯に入り、かぼちゃを食べると風邪を引かないといわれる。

「冬至」は以下の通り。

  • 2016年12月21日(水)
  • 2017年12月22日(金)
  • 2018年12月22日(土)
  • 2019年12月22日(日)

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「12月の記念日」「今日は何の日

関連記事