美容師のハサミは一度落とすと使用不可

美容室のハサミはとても繊細で、一度でも落下すると職人に修理してもらうまで絶対に使ってはいけないという教育が全国の美容室で徹底されている。

ミズタニシザーズ ACRO Z-2
ミズタニシザーズ ACRO Z-2

美容師のハサミは高価でこの画像のハサミは84,240円(税込)もする。美容師のハサミは普通のハサミと違い、刃の部分が5mmほど凹んでいる。一度落としてしまったハサミはこの凹みの部分を中心に僅かなズレが生じてしまう。そのため、職人の調整が必要になる。

この凹みがハサミの切れ味を左右するポイントで、文房具のハサミは刃の部分が平らで面と面で押しつぶして切るのに対して、美容師のハサミは刃が凹んでいて点と点で鋭く切ることができる。つまり、接地面積が小さくなるため、力が加わりやすく切れ味がよくなる。

この美容師のハサミと他社製のハサミで髪を切った断面を比較してみると、画像左側の切れ味のよい美容師のハサミに比べ、右側の普通のハサミは断面がガタガタで楕円形になっている。この髪へのダメージが枝毛の原因になってしまう。

髪の断面
髪の断面

美容師のハサミは綺麗にカットし、枝毛を防止するために刃が凹まされており、一度落とすと職人の調整が必要なため使用できない。

引用元:ミズタニシザーズ

2018/01/12

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「生活・科学

関連記事