海苔の日(2月6日 記念日)

1966年(昭和41年)に全国海苔貝類漁業協同組合連動会が制定。

701年(大宝元年)に制定された大宝律令において海苔が年貢として納める海産物の一つとして指定された。これに因んで、大宝律令が施行された702年(大宝2年)1月1日を新暦に換算した2月6日を「海苔の日」とした。また、この頃に海苔の生産の最盛期を迎える。海苔の消費拡大が目的で、この日を中心に記念行事やイベントが行われている。

リンク:全国海苔貝類漁業協同組合連動会「海苔の日」

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「2月の記念日」「今日は何の日

関連記事