鳥取土産のモアイに宇宙業界が大注目

鳥取県のシンボルと言えば鳥取砂丘だが、その砂丘の砂を使って作られている鳥取土産に「鳥取砂丘モアイZ」(税込721円)という商品がある。

鳥取砂丘モアイZ
鳥取砂丘モアイZ
画像元:モルタルマジック

人口56万人の鳥取県において、なんと年間に20万個も売上げている。インテリアにも最適なこの鳥取砂丘モアイだが、驚きの技術が詰まっていて宇宙業界が大注目している。それは商品を作る際に砂を固める接着剤が宇宙での作業に最適だからである。

宇宙に物を運ぶのに大きな壁となるのがその運搬費。1kgの物を宇宙に運ぶ費用はなんと1億円と言われている。この費用は可能な限り削減したい。物資の軽量化に当たり注目されたのがこのモアイであった。

このモアイに使われる接着剤は少量でどんな紛体でも形成することができる。1つのモアイを固めるのに使われる接着剤の量は一般的な接着剤の約20分の1の量で製造されている。将来的には宇宙の砂を建築資材として基地を建てることを目標としている。

2018/7/29

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「生活・科学

関連記事