日本一長いホームがある京都駅

日本で最も長いホームは京都駅にあり、その長さは全長558mである。このホームは北側の烏丸中央口に面している。

ただし、単独のホームではなく、途中に切り替えがあり、東海道本線と関西空港へ直行する特急「はるか」の2つのホームが一直線上に繋がった形になっている。東海道本線の0番(旧1番)ホームが323m、特急「はるか」専用の30番ホームが235mである。

日本一長いホーム
京都駅の日本一長いホーム
画像元:トラベルジェイピー

30番ホームは1994年9月に運行を開始した当初は「はるかホーム」という名称が付けられていた。その後、ホーム番号の呼び名が整理され、30番ホームとなった。また、京都駅には34番ホームがあり、これは日本一大きい数字のホーム番号である。31~34番ホームは山陰本線のホームで山陰本線の「さん」にかけてホーム番号が割り振られた。

ちなみに、東京駅のホームの長さは新幹線ホームで410mである。在来線のホームなのに京都駅が最も長いということになる。

2018/8/28

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「乗り物

関連記事