指一本大きめの靴を履くと足が臭くなる

靴を購入するとき、指一本分が入る程度の少し大きめの靴を選ぶことが多い。また、むくみ対策で店員に勧められることもある。

靴

しかし、指一本分(1cm程度)大きめの靴を履くと足が臭くなるという事実がある。靴のサイズが大きいと中で足が無駄に動いて摩擦が生じて熱が上がる。また、靴が脱げないように外側の指で踏ん張るため、特につま先の温度が上昇して汗をかきやすくなる。その汗や皮脂を皮膚の細菌が分解し、ニオイが発生する原因となる。むくみを気にして大きめの靴が履きたい人も、ニオイを気にするなら+0.5cmまでに抑えるのが良い。

2018/9/1

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「生活・科学

関連記事