固い瓶の蓋を開ける裏ワザ

瓶の蓋が固くて開かない時、一般的にはお湯で蓋の部分を暖める方法や、輪ゴムを巻き付けて滑り止めにして開ける方法が有名である。

裏ワザでは道具を使うことなく開けられる。蓋が開かなくなる理由としては、粘度の高い中身が蓋の隙間に入り接着剤の役割を果たすから、または、冷蔵庫などに入れたものだと温度変化の際にガラスと金属の膨張率の違いで蓋が変形するからである。

裏ワザは瓶をひっくり返して割れない程度に手のひらで叩くというもの。そうすると蓋と瓶の隙間から空気が入って開きやすくなる。

固いビンの蓋を開ける方法

この方法はフォロワー数72万の警視庁のTwitterで紹介された内容である。このTwitterでは災害時の困った時に役立つ知識を発信している。

その中でも特に話題となった投稿が「お湯がなくてもカップ麺を簡単に作れる方法」である。その方法は水を入れて15分待つというもの。冷たいラーメンになるが普通に美味しく食べられる。また、カップ焼きそばの場合も同様に、少量の水を入れて20分待つことで作れる。

リンク:警視庁Twitter

2018/9/5

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「生活・科学

関連記事