髪が傷んでいるかは水に浸けると分かる

気になる自分の髪の傷みは、顕微鏡でもない限り見ることができない。だが、髪が傷んでいるかどうかは水に浸けると分かる。

傷んでいる髪は表面を覆い守っているキューティクルが傷んで広がっている。すると、その開いたところから水が入り込んで重くなって沈む。それに対して健康でキューティクルが閉じていると表面の脂質層が水を弾くため、いつまでも水に浮かんでいる。

キューティクル

キューティクルが傷んでいる髪は、雨の日など湿度が高いと水を吸いやすく髪が広がってしまう。また、髪に触れて「パサついている」と感じる原因は、髪表面が乱れ、キューティクルが傷つき髪1本1本が不揃いになっているからである。

キューティクルは乾いている時はとても丈夫だが、濡れると柔らかくなり、剥がれやすくなる。そのため、濡れた状態で髪同士がからまったり、引っかかるとダメージの原因になる。シャンプーでゴシゴシ洗いや濡れ髪のブラッシングは禁物である。

リンク:花王

2018/9/9

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「生活・科学

関連記事